本文へスキップ

サカイ引越センター

サカイ引越センター

サカイ引越センター

 トップページ > 引越し業者一覧 > サカイ引越センター

サカイ引越センターってどう?


サカイ引越センターの口コミ体験談!
 
会社員男性口コミ一番安かったサカイ引越しセンターでお引越し

Q.お引越し費用はいくらでしたか?
A.25万円

Q.お引越し人数は?
A.2名

Q.どこからどこへのお引越しですか?
A.神奈川県川崎市から大阪市

Q.お引越ししたのは何月ですか?
A.11月

Q.利用した引越し会社はどこですか?
A.サカイ引越センター

Q.その業者を選んだ理由はなんですか?
A.金額が1番安かった

Q.お引越しで一番大変だったのはなんですか?
A.梱包と荷ほどき

Q.もっとこうしてよけば良かった、と思った点は何ですか?
A.梱包だけでもらくらくパックにすればよかった


体験談

私の東京の本社から大阪の支社に異動に伴って、妻と2人で住んでいた神奈川県川崎市のマンションから、大阪市のマンションに引っ越しました。

その時に、まず考えたのは、いかに引越し費用を安くするか、ということでした。

会社から引越し費用は支給されましたが、実費ではなく一律で2人家族の場合は30万円という基準でしたので、少しでも安くして差額を浮かそうと思ったからです。

それで、まずは引越し一括見積りサイトで、複数の引越し業者の相見積もりをとりました。大切なのはそこからで、各社に実地査定に来てもらって、その場で値引き交渉をします。

値引きのポイントとしては2つありました。

・時期を繁忙期から閑散期にする

最初は異動発令の10月に一緒に引越しをする予定でしたが、まず私が単身で引越し、そのあと11月に妻が引越し、その時に家具も移す、ということをして、時期を閑散期にしました。

これをすることで、閑散期はやはり引越し業者も仕事がほしいので、かなり値引くことができました。


・荷物の搬出を午後にし、搬入の時間を決めない形にした

通常は、荷物の搬出は当時の午前で、搬入も翌日の決まった時間、というのが引越のパターンですが、これを搬出を午後にすること、午前中に一仕事したトラックを回せることができ、引越し業者としては効率的にトラックと人員を運用できるので、その分安くさせることができました。

搬入も同様で、時間を決めると運用が窮屈になりますが、時間を決めないことで、相手のトラックと人員の融通が効きやすいことになるので、その分も値引きに回せました。


以上の交渉をすることで各社ともかなり安い見積もりになりましたが、その中で最安値のサカイ引越エンターに25万円で引越しを頼みました。30万の引越し費用の支給に対して5万円浮かせることができました。

引越しそのものは、それで安い金額でうまくいかせることができましたが、荷物の梱包は妻が神奈川で1人でしたのでかなり大変だったらしく、あとあとまで文句を言われました。これであれば、梱包だけでも業者に任せられるパックを使えばよかったと思いました。



 
妻の口コミ結婚し新居への引越しをサカイ引越しセンターで

Q.お引越し費用はいくらでしたか?
A.119.800円

Q.何人家族のお引越しですか?
A.二人。正確には結婚して新居へ引っ越しだったので、一人と一人の組み合わせプランです。

Q.どこからどこへのお引越しですか?
A.県内で違う市へ

Q.お引越ししたのは、何月ですか?
A.8月

Q.利用した引越し会社はどこですか?
A.株式会社サカイ引越センター

Q.その業者を選んだ理由はなんですか?
A.不動産屋の紹介割引があったから

Q.お引越しで一番大変だったのはなんですか?
A.荷造りと前の家の片付け。

Q.反省、失敗、後悔した点はなんですか?
A.自分でごみ処理をしました(不要品引取り業者を使った)が、追加プランで業者に頼んだほうが安い方かな?と思いました。


体験談

結婚で新居のための引越しでした。

お互い別々の市で一人暮らしをしており、新居はちょうどその真ん中辺り、という位置関係でした。

それを見積もりの時に担当の営業さんに相談したところ、いろいろその場で電話で聞いてくださり、それぞれトラックを用意するよりも、トラック一台をそのまま使いまわしたらお安くなるということになりました。

午前に私の家から新居へ、午後は新居から夫の方の家へ行って荷物を積み、また新居へ戻るという方法を取ってもらいました。

時間はかかるかもしれませんが、と言われましたがお安くなるなら、とそちらでお願いしました。

さらにトラック引き上げ途中に夫の実家があるということで、一人暮らしで新居には不要の荷物まで降ろしてもらえる、という融通まで聞いてくださいました。

引越し作業はとってもスムーズで、さすがプロだなと安心と納得のスピードでした。迷いがないというか。

道が渋滞しているかもしれないということだったのですが、それほどでもなく、引越し時はお互い母親がきて4人で片付けをしましたが、引越しが無事1日で終わってとてもよかったです。二人だけだったらもう少しドタバタしたかもしれません。

最後、困っていたら洗濯機の取り付けまでして頂けて本当に助かりました。

また、前の家から出るときに元からあったけど私が気がついていなかった壁紙の剥がれを、接着剤で応急処置として直してくれました。

後日、不動産屋との立ち会いでもそこは言及されず、敷金礼金の返金もダメージがありませんでした。

まさに真夏、お盆後という暑い中の作業だったのですが、翌日疲れで倒れこむ…ということもなく、本当によかったです。

一人暮らし同士でそれほど荷物もなかったり、割引が効いたりで引越し費用も想像よりもお安くなりましたし、見積もりから大幅な変更などもなくて金額面でも納得です。

その後、会社の事務所の引越や友人の引越があるときに「どこの業者使った?」と聞かれたら、サカイを自信をもって勧めています。




サカイ引越センターってどんな会社?

サカイ引越センター公式サイトサカイ引越センターは、パンダがシンボルマークの引越運送や引越付帯サービスを行う業務貨物輸送運輸業者です。

CMは一度聞いたら耳から離れない特徴ある軽快なメロディでお馴染みです。(最近はちょっと違う雰囲気のCMが流れているようですが。)

さて、サカイ引越センターとはどのような引越し業者なのでしょうか?

サカイ引越センターの会社概要を見ると・・・

昭和46年に創業してから、当初は大阪など近畿地方中心に展開。現在では北海道から沖縄まで日本全国に170支社を超える営業拠点を置いているかなり大きな引越し業者ということがわかります。

ドライブレコーダーを引越業界でもいち早く導入するなど、安全への意識も高い。

2013年には、作業件数だけでなく売上高も引越業界で第一位を取るなど、お客様からの信頼も高くなっています。

また、サカイ引越センターの会社概要にあるように、引越に使っている車両は全て自社が保有のもの。

長距離用の10t大型トラックや高いところで作業ができるスカイポーター、スーパーデッキなどあらゆるタイプの車両が揃っています。

小さな引越し屋では難しい特殊なお引越しなどもサカイ引越センターに依頼してみるとなんとかなるかもしれませんね。


サカイ引越センターのコースについて

サカイ引越センターの特徴は、予算に合わせてコースを豊富に取り揃えていること。

荷づくりから梱包、搬出して輸送、搬入など基本を押さえたらくらくコースや、経済的なせつやくコースなど、ライフスタイルに合わせたコースを選ぶことができます。

らくらくコースは、食器類から小物まで全て専門の梱包スタッフが丁寧に梱包してくれるため、引越は面倒だとい気持ちが薄れるかもしれませんね。

また、引っ越し後には梱包をほどいて設置してくれるサービスもあるので、すぐに普段どおりの生活を始められます。

らくらくコースにはプレミアムというものもあり、プロの掃除業者が引越の後に掃除サービスを行うものもあります。

また、国内だけでなく海外引越サービスも行っています。


サカイ引越しセンターの安全性への取り組み

サカイ引越センターは、輸送の安全について力を入れているイメージがします。

公式サイトからも、運輸安全マネジメントの取り組みについては徹底的に取り組んでいることが示されています。

たとえば、万が一の事故やトラブルが起きるとどうするのか?

その場合は、当事者から消防及び警察への通報、当事者運行管理者への連絡及び報告、運行管理者から安全統括管理者及び社長に至るまでの連絡及び報告が正確に行われるような仕組みが確立されているとのこと。

また、トラブルについては監査室へも報告が行き、監査会においての事情聴取などが行われるような仕組みが整っています。

内部監査から再発防止策を講じて実行の結果事故やトラブルを防ぐよう配慮されているようです。

セーフティーレコーダーの搭載や衝突防止システム搭載の車両の導入など輸送の安全の確保のために予算を惜しみなくつぎ込み万全の準備を行っていることも特徴といえます。

また、輸送の安全のために全ドライバーへ徹底した研修など信頼度を高める取り組みがしっかりとされており、大手という印象を受けます。


サカイ引越センターの見積もりについて

サカイ引越センターでは、訪問見積りを行っています。

単身用やご家族用、事務所移転など全て見積りを行っていますので、それぞれに合った引越プランを提案してくれます。

もちろん見積もりは無料です。

しかし、サカイ引越センターは価格が高い、という人もおられます。(コマーシャル費を沢山使う以上は高くなってもしかたがないかもしれません。)

少しでも安くお引越しをしたい、という人の場合は、サカイ引越センターも含めた相見積もりをするようにしましょう。

一括見積もりサイトを活用すると、一度の入力で複数のお引越し業者から見積もりを集めることができます。

完全無料というだけでなく一括見積もりサイトを通すことで、価格競争が生まれ安くなったり、特典が付いたりと良い点が多いです。

一括見積で業者を比較する



引越し業者一覧

サカイ引越センター
アリさんマークの引越社
アート引っ越しセンター
アーク引越センター
ハート引越センター
ハトのマークの引越センター
ダック引越センター
SGムービング
アクティブ感動引越センター