本文へスキップ

狭い部屋の家具選び

狭い部屋の家具選び 

狭い部屋の家具選び

トップページ > 狭い部屋の家具選び術

狭い部屋の家具選び術

せっかくお引越しするならお部屋を広く使いましょう。

狭い日本の住宅事情。家具選びを間違うと以下のようなことになるのは間違いありません。

わたしの部屋は狭い。収納スペースも少ない。物が溢れかえっている。どうにかしたい!

イライラ女性

こんなふうになりたくなければ、安易に家具を選んではダメなのです。

特に都会の住宅は、部屋が狭い。そして収納スペースが少ないく小さい。これではすぐにゴチャゴチャしたお部屋になってしまいます。

こうなるといつの間にかストレスがたまりイライラ。そうです。精神的に良くない状態になります。精神的に悪い状態は肉体にも悪い影響を与えます。すると様々な病気になりやすくなります。

運気が悪くなってくるわけですね。悪いことが続く原因の元をたどれば狭いお部屋が原因だった、なんてことにもなりかねません。

そこで、このような問題を解決する方法をご紹介したいと思います。

では、どうするのか。

広い部屋にお引越しできる人はお引越ししましょう。これが一番簡単に解決する方法です。

しかし、普通はそう簡単にお引越しなんてできるものではありませんよね。

そこで次の方法。あなたのベッドを収納ベッドにしましょう。

収納ベッド

「そもそもベッドなんてないよ。床にマットレスを敷いてその上で寝てるから。」という人もです。

これだけで、かなり大きな収納と健康効果が期待できます。

えっ、健康なんて関係あるの?と思う人もいると思いますが、床に近いところで寝ている人ほど、毎日沢山のホコリを吸い込んでいるため、アレルギー性の病気になりやすくなります。

収納ベッドは収納スペースを確保するため、普通のベッドよりも高さがありますので、ホコリを吸い込む量は格段に減るでしょう。すなわち健康になれるんです。

たかが収納ベッドと思うかもしれませんが、結構広い収納スペースがてにはいります。人間が寝るスペースというのは、ひとつのお部屋でかなり大きなスペースを占領しています。ここに収納ベッドをおくことで、大きな収納スペースが増えるのです。

収納ベッドのお陰でお部屋がスッキリ。運気アップも期待できます。

わたしは、楽天でで収納ベッドを購入しました。わたしが購入した収納ベッドはコチラ→収納畳ベッド

■ 家具選びのコツ 関連ページ

収納ベッド

収納ベッドの上に敷くオススメマット