本文へスキップ

引越し見積もり

引越し見積もり 

引越見積テクニック

トップページ >

知らないと損する「引越し見積もり」3つのテクニック!

引越し知らないと損する3つのテクニック

当サイトに訪れたあなたはラッキーです。

はい。

なぜならあなたはこれからの人生、お引越し料金を何万円も安くすることができるからです。

今後何度もお引越しをする人は数十万円、数百万円も得する人も出てくるでしょう。

逆に言えば、知らなければ大きな損をしてしまうのです。

当サイトのテクニックを実践すると
「あ、ぁああ・・・今まで何万円も損をしていた・・・」と気づく人も少なくないはず。

さて、引越し料金って業者によって全然が違うということをご存知でしょうか。

それも大幅に違う場合があります。

特にお引越しの見積もりを1社しかしていない場合は、大きな損をしている可能性が大です。

というわけで、複数の引越し業者で見積もりを取るだけで、大幅に引越し料金が安くなる場合がありますが、以下ではその他のテクニックもご紹介します。

知らなければ貴重なお金を損してしまいますので、ぜひご覧ください。

価格査定を有利に進めていくためにはいくつか原則となるものがあります。

それらを踏まえたうえでお引越しをすれば、安い料金にしたり快適な条件で行えるようになっていくものなのです。

では、さっそく引越見積テクニックをいくつかご紹介します。


@ 必ず複数の引越し業者から見積をとろう!
見積もりを比較

安くて良い引越し業者を探すために一番大切なポイントがあります。

それは、複数の引越し業者から相見積もりをすることです。少なくとも3社以上の引越業者から見積もりをとるようにしましょう。

しかし、引越業者ごとに要件を伝えていくのは手間がかかること。なかなか面倒な作業です。

そこで
絶対に活用したいのが「一括引越見積サービス」。

インターネットから必要事項を記入するだけで、複数の引越業者から見積を取ることができます。完全に無料のサービスなのでこれを使わない手はありません。

ただ、注意しなければいけないことがあります。それは家に訪問せずに見積を出してもらった場合は、追加料金が発生するケースがあるということ。

料金が安くても後で追加料金が発生したのでは意味がありません。荷物の申告漏れなども珍しくありませんから、できるだけ訪問による見積が安心です。(業者によっては多少の申告漏れは想定しており、追加料金を取らないところもあります。)

それから、料金の安さだけではなく、実際の壊れ物を運ぶ際のケアや、様々な技術も基準の中に入れたうえで判断するようにしましょう。

価格とサービスのバランスを考えて判断すると最安値を狙うよりも有益な選択になる場合があります。

見積金額だけを見ないことで、より総合的なバランスで判断することが大切です。

A できるだけ荷物を減らそう!
荷物に押しつぶされる男性

荷物分量が多いか少ないかは、引越し料金を決める3大要素の中の1つです。

業者からしても、量を減らすことで小さなトラックで良くなる、少人数でできる、時間が短くなる、などのメリットがあるため引越し料金が安くなるわけです。

というわけで処分できるものは全部処分しましょう。

そうです。全部。

1年以上使っていないものは、今後も使う確率は極めて低いです。極めて使う可能性が低いものに貴重な収納スペースを使うのは大きな損。

とりあえず売却できるものは売却して、お金に変えておきましょう。本当に必要と思えばまた買えば良いです。

→ 不要品の高価買取りサービス一覧

B 自分でも運ぼう!
自分でも運ぼう

同様に、荷物としての運搬が難しいものなどについては自分で運んでおくようにするということも効果があります。

少量ならば自家用車などに一緒に積んで引越先までもっていくようにすれば、目の届くところで持ち運ぶことができますから納得のいく輸送を行うことが可能になるのです。

特殊な運搬が必要なものについての料金を削減できるようになるというメリットもあります。

ピアノなど輸送に特別な処置が必要なもの以外はこのような手段を応用することが可能になります。

さらに引越し費用を下げるには


15万円が7万円になった引越しテクニック公開!

激安になった引越しテクニック

来年の春に引越しを検討している我が家ですが、頭が痛いのが引越しの費用。

我が家の場合、ベッドや本棚を含めた大型家具が複数個、冷暖房、冷蔵庫、洗濯機、テレビ等の大型家電と膨大な数の家族全員分の衣類、子供のおもちゃや本など、リストにあげてみると物凄い量になってしまいます。

おそらく普通に頼めば、大型トラックに4・5人の作業者で20万近くいってしまうことでしょう。

過去にも何度か引越し業者にお願いしているので、金額を下げるコツもだんだんと掴めてきました。

そこで、今回も見積を取る際に以下のテクニックを使用して金額を下げる努力をするつもりです。

 
・相見積もりをとる

相見積もりい関しては3つのテクニックでもお話しましたが、非常に効果が高いのでもう少し具体的にご説明します。

すぐに業者を決定せず、複数の引越し業者から相見積を取ります

ここからが肝心なのですが、数社に業者が絞りこめてきたら、他者の見積価格を提示して交渉をしましょう。

・繁忙期を避ける
可能であれば3月や4月の繁忙期は避けましょう。3月から4月は、入学や卒業、就職、転勤などで大移動がはじまる時期。人手不足により割増料金を払っても仕事を受けてくれない業者も出てきます。非常に交渉が難しい時期です。

・日時をフリーにする

可能であれば曜日や時間をフリーとしましょう。業者さんのあいている時間に入れてもらうことによって安くなる場合があります。特に週末の午前中は全般的に価格設定が高めのようです。

・不要品を売る

引越し前に不用品は廃棄して荷物を減らしましょう。

大型家具などの不用品を新居に運び込むと、新居でのレイアウトが決まらず、なかなか気持ち新たにスタートというわけにはいきません。

1年間を振り返って使わなかった物は、今後何年経過しても使わないことが多く、貴重な収納スペースを無駄にしてしまいます。
→ 不要品を高く買ってもらえるサービス

・梱包は自分でする

段ボールへの梱包作業は自分達で行いましょう。

引越し先が近所の場合は、運べるものは自分たちで運んで少しでも運んでもらう荷物の量を減らしましょう。これを見積を取る際に伝えたほうが値引きしてもらえ可能性があります。

・カード払いにする

最後に、福利厚生や、使用しているクレジットカードに割引対象の引越し業者がないか念の為チェックしてみましょう。

ただ、クレジットカードのポイント還元率というのは、じつは、カードにより3倍以上違います。大事な部分なのでもう一度いいます。

3倍以上違います!

お引越しに限らず、毎月支払っている電話料金や光熱費などもポイント還元率の高いクレジットカードで支払うと、年間にすると恐ろしい違いに。

わたしの場合は、こちらのクレジットカードに変えてから年間4万円以上も得しています。

・ネット回線の引越しで儲ける

インターネットの回線をお引越しをきっかけに、フレッツ光に変更しましょう。

フレッツ光は、性能面で優れているだけでなく、キャッシュバックが凄すぎです。

その額を聞いて驚く人も多いと思います。単身者のお引越し料金ぐらいはキャッシュバックで戻ってきますから。

→ キャッシュバックをもっと詳しく


以上の点を考慮して見積を取られる事をおすすめします。

過去、幾つかのテクニックをつかって15万円くらいの引越しを7万円くらいで行ってもらったことがあります。

ただ、あまりにも大きな値引きは作業に手抜きが生じたり、トラブルの元になる可能性も考えられますのでご注意くださいね。

今、一番オトクな引越見積サービスは?
それは「引越し達人」

なぜなら・・・
引越し達人はをしているから!

他のサイトと比較して高い場合・・・


詳しくはこちら!



太陽光見積り
最近電気代は値上がり傾向にありますので、お引越し先の新居では太陽光発電をお考えではないでしょうか。原発事故後、国内の電力事情は深刻。今後ますます電気料金が上がる可能性があります。また専門家によると東日本大震災を上回る大地震が30年以内に発生する確率が極めて高いというデータも出ています。そういうこともあり、最近ではエネルギーを自前で作り出すことができる太陽光発電を考える人が増加しているようです。ただ、100万円以上は軽く超える太陽光発電システムですからどこにおまかせするかで同じようなシステムを設置しても大幅に価格が違ってくるという現実があります。そこで、どこの業者におまかせすればお得なのかを知るために太陽光の見積りを利用することが重要です。