本文へスキップ

賃貸住宅の解約手続き

賃貸住宅の解約手続き 

賃貸住宅の解約手続き

トップページ > 引越しの段取り >賃貸住宅の解約

賃貸住宅の解約手続きは、いつすれば良い?

賃貸住宅の解約の場合、1ヶ月から2ヶ月前に解約予告しなければいけません。

中には解約予告が3ヶ月前というのもありますので注意が必要です。

ちなみに店舗の解約予告は6ヶ月前が多いです。

という訳で、賃貸住宅の解約手続きは、物件の契約条件により違うということになります。今すぐ賃貸借契約書で確認してみましょう。

さて、引越しするには、まずはその引越しの日程を決めていくという事が第一の作業となります。

引越し日を決めない事には、その計画に向けたプランを具体的に立てていく事ができませんよね。

ちなみに、引越し業者を使う場合は、土日に引越しするよりも平日のお引越しの方が料金面でお得。何曜日でも引越しOKという人の場合は、平日にお引越しするのがオススメです。

引越し日が決定しましたら、本題の解約手続きが必要です。

当然ですが、まだ、引越しが定まらないうちは、まだ解約の意志を伝えてはいけません。解約の意志を伝えると、マンションの管理会社は、空き予定の部屋として賃貸の募集を開始する場合があるからです。

ただ、先ほどもご説明したように、解約というのは、退去する直前ではいけません。

関西の賃貸住宅の解約の場合なら2か月前に申し出なければいけないというのが一般的に多いです。引越し日が確定すれば忘れないうちに解約手続きを行いましょう。

※ 賃貸マンションでも契約形式によって契約内容は異なってきます。まずは賃貸借契約書を確認してみましょう。

もし、解約手続きが遅れてしまうと、全て引越しの段取りがずれてきてしまいます。解約手続きが遅れたため、住んでもいない住居に家賃を支払うのはバカらしいですよね。無駄な出費をしないためには、契約書を早めに確認しておきましょう。

さて、この賃貸住宅の解約ですが、どこに連絡すれば良いのでしょうか。

賃貸住宅の解約は、マンションの管理会社と家主に申し出るのが一般的です。後々でトラブルにならないためには書面で解約を申し出る必要があります。

解約の仕方が良くわからないという人は、さっそく管理会社に「解約する場合は、どうすれば良いですか?」と電話してみましょう。

→人気の一括見積もりサービス

● 引越し段取り 関連ページ 
引越し業者に頼むべきか? 賃貸住宅の解約手続き
新居のサイズはどこを測るべき 引越し業者の予約のコツ
電気やガス、水道の停止と契約 粗大ごみの無料処分
ハウスクリーニング料金 洗濯機の取り外し・取り付け
アース線の取り付け取りはずし 洗濯機の引き取り料金
引越し立ち会い