本文へスキップ

連帯保証人不要 賃貸

連帯保証人不要の賃貸ってどう?デメリットは?

連帯保証人不要の賃貸

 トップページ > いい部屋の探し方 > 連帯保証人不要の賃貸


連帯保証人不要の賃貸なら、断然UR賃貸住宅がオススメ!

お忙しいでしょうから結論から申し上げます。

保証人不要の物件は、あまり良くないものが多いです。

残念ながら事実です。

もし、どうしても保証人不要の物件を借りたいなら、「UR賃貸住宅」にしましょう。なぜならUR賃貸住宅の場合は、文句なしにお得だから。保証人が必要な一般の賃貸物件よりも良いぐらいです。


UR賃貸住宅は住み心地最高です

では、なぜ一般の賃貸物件の場合の保証人不要の物件は良くないのでしょうか?

一般の賃貸住宅の場合、「保証人なし」にすることを交換条件に「悪い条件」をのまなければいけないたからです。

→ 知らなきゃ大損!UR賃貸住宅の驚くべきメリットはコチラ!

保証人不要の賃貸物件は、なぜダメなのか?
最近では、「連帯保証人不要」の賃貸が増えてきました。

賃貸物件は年々増え続けています。そう。物件は余っています。そのため特徴を出していかなければ、なかなか満室になならない。そこで苦肉の策として登場したのが、保証人不要の賃貸住宅です。

連帯保証人がいない人もいます。そんな人にとって保証人不要の物件は非常にありがたい物件です。

しかし、連帯保証人なしの賃貸物件を手放して喜んではいけません。

なぜでしょうか。

それは、以下の2つの理由があります。

1.借り手がなかなか見つからない不人気物件である。
2.家賃、初期費用、更新費用が相場より割高である。

いかがでしょうか。

というわけで、連帯保証人がいる人は、素直に普通の物件を探す方が良い物件が見つけやすくなります。

まとめると、保証人不要の賃貸物件は、悪い物件が多い。もし保証人不要で良い物件を探すなら、UR賃貸住宅にしましょう、と言うことです。

連帯保証人不要だと なぜ契約費用が高くなる?
保証人不要の賃貸は割高

連帯保証人が不要の物件では、初期費用や更新料高くなるケースがほとんどだと説明しましたが、なぜ高くなるのでしょうか?

それは、保証人無しで契約できる賃貸物件の場合、
「家賃保証」とか「賃貸保証」などと呼ばれる保険に加入する必要があるからです。

この費用は、契約時に数万円、更新毎に1万円ぐらい必要です。(家賃や保証会社により費用は違います。)

一見すると、家主の利益を守るための保険ですから家主が払うべき費用のようにも思いますが、ほとんどの保証会社では、借りる人が支払うようになっています。

要は、
お金を払って連帯保証人をつけるようなイメージですね。

そもそも連帯保証人がなぜ必要なのかと言えば、家主が不安だからです。家主にしてみれば、赤の他人に住宅を貸すわけですから、いろいろな不安があります。

たとえば

家賃をしっかりと支払ってくれるのかという問題があります。今はしっかりとしたところにお勤めでも、病気や事故で収入が途絶え、払ってくれなくなる可能性は誰にでもあるからです。

また、病気や事故でお亡くなりになった場合、責任を持って遺留品の処分などをしてくれる人がいなければ家主としても困ります。

そこで、連帯保証人が必要というわけです。

家主の不安

お分かり頂けたと思いますが、連帯保証人がつけられない場合、家主に不安を抱かせてしまいます。

不安なら「貸さないほうがまし」と考えてしまう家主も多いです。

というわけで、賃貸保証は、家主に安心してもらうためにできた仕組みなのです。

UR賃貸住宅のメリット・デメリット


● いい部屋の探し方 関連ページ
いい部屋の探し方
徒歩○分は正しいか?
保証人不要の賃貸物件ってどう?
UR賃貸住宅ってどう?