本文へスキップ

アパマンショップ 店舗

安全・激安にお引越し!

アパマンショップの店舗

 トップページ > 仲介業者一覧 > アパマンショップ > アパマンショップの店舗

アパマンショップの店舗

アパマンショップ関連ページ
アパマンショップってどうですか?
アパマンの強み
アパマンショップの店舗

アパマンショップの店舗について


アパマンショップの店舗数は、全国に1,000を超え、北は北海道から、南は沖縄の宮古島や石垣島にまであります。

業界大手の株式会社エイブルが、790店舗、株式会社ミニミニが、467店舗ですから、比較するとアパマンショップの店舗数がかなり多いというのがわかると思います。(2014年10月現在)

実績としても、店舗数が多いというのもあり、不動産仲介が日本で一番という多さです。

アパマンショップは、どのようにしてこれだけ多くの店舗数を増やすことができたのでしょうか?

エイブルやミニミニとアパマンショップの大きな違いのひとつに、直営店の数の違いがあります。

直営店が半分以上占めているエイブルやミニミニに対しアパマンショップは直営店がなく、フランチャイズだけ。そのため、いくら店舗数を増やそうが、直営店(本部)の利益を損なうことがありません。つまり、アパマンショップは、店舗数を増やしやすい構造にあると言えるでしょう。

ちなみにフランチャイズというのは、日本語に変換すると「権限を与える」という意味合い。要するにアパマンショップの大元がアパマンショップという名前とノウハウを与えることによって、アパマンショップ直属の社員以外の人がアパマンショップという店舗を持てるという仕組みです。

フランチャイズで店舗運営する場合に大事なのが、親元になる会社の世間的な評判や業績なので、人気のある企業のフランチャイズになる場合は利点もかなり多くなっていますが、その反対に人気の無い企業のフランチャイズになる場合は欠点も多くなります。

アパマンショップは店舗がどんどん増えていることからも分かるように企業の基盤がしっかりしているため、フランチャイズとしても始めやすいことも新たな店舗が増えている原因のひとつでしょう。

アパマンより仲介手数料が安いのがコチラ!
↓↓↓
不動産賃貸を探すなら、お部屋探しのエイブル



アパマンショップ関連ページ
アパマンショップってどうですか?
アパマンの強み
アパマンショップの店舗